痴女と女王様

女王様とは

女王様の基本はSMの基本

基本的にセックスについての主従関係を見ると、男性がサディスティックで、女性がマゾヒストとして楽しむプレイが一般的です。やはり、体力的にも男性の方が力があり、女性の方が貧弱という印象があるからです。
しかし、一部の男女にはこれらが逆転していることがあります。つまり、性的嗜好からSとMが逆転しており、女性が性的関係において優位に立つプレイを言います。
女王様とはサディスティックな女性のことを言います。例えばボンテージに身を包み、ムチを持って男性を調教する女性。そんな女王様をAVの世界でも見たことがあるという男性は居るのではないでしょうか?特にマゾヒストな男性であれば、そう言ったAVを開拓している男性も少なくないでしょう。

 

女王様風俗による調教はとても楽しめるもの

さて、店舗型でも無店舗型(デリヘル)でも、女王様が調教してくれる風俗は沢山あります。マゾヒストな男性であれば普通のソープランドやデリヘルと言った風俗店では物足りなくなってくるのではないでしょうか?
お店のテーマが女王様や痴女、M性感と言ったジャンルでない限り、そこで働く女の子は言葉責めや顔面騎乗などを苦手としています。例えば、プレイ中に「女王様プレイをお願いしたいのですが」と要求しても、大抵の女の子はNGです。特に年齢が若い場合、経験したことが無いという事も多く、性的に未開拓な女の子に女王様を要求するのは少しハードルが高いと言えそうです。
だからこそ、女王様を取り揃えている風俗店が人気を誇るのです。基本的なプレイ内容は店舗によって異なりますが、多くの場合はSMに関する要求を快諾してくれます。
プレイ内容によっては道具や事前申請が必要なものもあるので、特に女王様デリヘルの場合は内容を伝えておくことが重要です。

 

ギブアップの言葉を決めておこう

女王様とのプレイは基本的に苦痛を伴うものもあります。例えば、ロウソクを垂らすというプレイがあります。実際にはロウソクの温度は肌に当たる時点ではそんなに熱くないのですが、恐怖感は確実につきものです。他にも、ムチや鼻フック、縄での拘束など、過激なものであればあるほど、苦痛を伴うリスクが高くなります。
相手は女王様ですが、あくまでも風俗店です。プレイの範疇を超えて苦痛を感じる場合はギブアップの言葉を決めておきましょう。基本的に「ごめんなさい」という言葉はプレイ中の快感を演出する要素なので、他の言葉にしておく(あるいはお店の規定で決められている)必要があります。

痴女風俗

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ